わかる!便器交換お助けリポート

初心者の方でもわかりやすい、便器交換に関する情報ページとなります。

*

便器交換をするメリットについて

トイレはどんどん進化していき、快適にトイレの中で過ごすことができるようになりました。20年や30年前は、下水が通っていないところも多く、汲み取り式の家庭が多かったです。しかし、現在は下水が完備され、ほとんどの家庭が洋式の水洗トイレになっています。そして、水洗だけでなく、他の新しい機能がある便器がたくさん販売されています。もし、今使っている便器が古くなってきたと感じた場合は、便器交換のリフォームを検討してみましょう。水を流しながら便器を洗浄してくれる機能などが最新のトイレにはついています。便器は毎日使うと、汚れてしまうことがありますが、最新のものだと、自動で洗浄してくれるので、汚れにくいです。トイレに入ると自動的に蓋が開き、用を足すと自動で水を流してくれる機能もあり、手が汚れる心配もないです。

トイレを詰まらせ便器交換することに

トイレを詰まらせてしまったのをきっかけに、便器交換することにしました。せっかくならとタンクレストイレを選んだのですが、なかなか高かったです。さらに、タンクレストイレは見た目がスタイリッシュなので、我が家の古いトイレの床や壁には合いません。便器交換だけでなく、トイレ全体をリフォームすることにしました。かなりの出費でしたが、リフォーム後のトイレは見違えるほどきれいになり、かなり満足しています。リフォーム前はトイレが落ち着くと言う人の気持ちは分かりませんでした。しかし、今ではトイレが癒しの場になっています。ちなみに、トイレが詰まった原因は尿石でした。トイレ掃除を怠っていたのを反省しています。タンクレストイレは掃除の手がかかりませんが、掃除をまめにするようになりました。清潔感をずっと保とうと心がけています。

便器交換をして快適にする

トイレを快適にするには便器交換をするという方法があります。最近のトイレは、和式タイプではなく、座ってやる洋式タイプになっています。そのため、高齢者の家などでは今までの和式タイプから洋式タイプに交換をしています。製品よって形も違えば、高さも異なります。そのため、実際に座ってみて判断することが必要です。基本的には、便器の交換だけで済むのですが、和式タイプからになると工事が必要になります。まずは、水洗の場合には配管工事が必要になります。そして、最近は一般家庭でもウォシュレットタイプが主流になってきており、商品台と工事費を込みで7万円程でできることもあります。もちろん、その場所や状況に応じて左右されます。工事費だけでいうと3万が相場となっています。そして、日数的には最短一日で設置が完了してすぐに使えるようになります。

公開日: